40歳目前の四年前の春先に結婚式を挙げました。
場所は夏に彼氏と軽井沢に旅行に行った際、たまたま観光で訪れた「石の教会」という所にしました。
とても変わった造りの教会で十字架は一切なく、水の流れる音、石の白い色、目の前から差し込む光の色、それに照らされる葉の緑、全てが静けさを作り出しているようで、荘厳な雰囲気に一目惚れしました。
出席者はそんなに大勢入れるほどの大きさはありませんが、それもまた程よい感じで良かったです。
式の日は薄曇りでしたが、それもまた山の中でのシーンとした雰囲気を作り出してくれていました。
出席者は、家族のみとこじんまりしたものでしたが、大勢を呼びたがっていた父も「家族のみもアットホームで良いな」と後で言ったほどの温かい式、食事会となりました。
結婚式でのバージンロードはとても変わっていて、花嫁と父は二階から登場しました。
その場所は花嫁と父しか入れない場所です。
花婿と一緒に牧師さんの前に立つと、目の前から降り注ぐ清らかな光に包まれた感じがしました。
式の時間はあっという間に過ぎていってしまった感じです。
そこから写真撮影を行い、家族との食事会をしました。
披露宴ですと、周りのゲストに気を遣って父も母も忙しく動き回るのでしょうが、その必要もなく美味しい料理を全員が堪能出来ました。
普段めったにアルコールを飲まない母も、楽しげに飲み、むしろ飲み過ぎて酔ってしまったくらいです。
お料理は見た目も美しく、味も美味しくて満足出来るものでした。
家族のみでしたが、ウエディングケーキも用意してファーストバイトもしっかりと行いました。
父母への感謝の品を渡したり、披露宴で行うようなイベントも入れ、とても満足のいくものでした。
石の教会に決めてから知ったのですが、とても人気のある教会で予約はなかなか取れないそうです。
四月の平日という事でたまたま式場を押さえることが出来たのです。
この式場にして本当に良かったです。
出来上がった写真を何度見てもそう思いますし、友人達も羨ましがります。
自分の子供にもここで式を挙げてもらえたらな、と思ってしまうほどです。おすすめサイト⇒結婚式場で東京の人気ホテルを選ぶ前に知っておきたいこととは?!