私が初めてしっかりダイエットをしようと思ったのは、
高校3年生の頃でした。
やはりそろそろ美容を意識しだす年頃ということと、
また当時彼氏にフラれて、その悔しさも大きなきっかけになっていたと思います。

具体的なダイエット方法はというと、
お昼のお弁当はカップスープとサラダにしてみたり、
当時流行っていた朝バナナ夜キャベツ生活だったり…。

とにかく食事制限を気にしていたような気がします。

運動は、学生時代、運動部ではなかったので、登下校の自転車は唯一の運動だったと思います。
ネットで痩せる漕ぎ方を調べて少しでも痩せることを信じて、実行していました。
(ギアは軽くし回転数を上げる、つま先に力を入れて漕ぐ、等)

結果は1ヵ月で2~3kg位…。
そして、油断をしたら1週間ほどであっという間に元通りになりました。
完全に短期間リバウンドでした。

痩せるのにはすごく努力をしたつもりでも、
ご褒美を与えすぎると、戻るのは本当にあっという間で、びっくりしますよね。

失敗してしまう原因としては、

・すぐに結果を出したい為に、食事制限をしてカロリーだけを気にしてしまうこと
・カロリーの高いものには手を出さない代わりに、お菓子やジュース、
少しだけのつもりの間食が積み重なってしまったこと
・ゼロカロリーの言葉に惹かれて、栄養・タンパク質を減らしてしまったこと
・自転車を漕ぐことで運動したつもりになって、筋トレや他の筋肉を使う運動をしなかったこと

以上のような一つ一つの積み重ねが原因になっていったのだと思います。

何より、知識不足でした。
実際、食事制限をすると貧血気味になったり、うまく脳が働かなかったり…。

良くないことばかりでした。

それから、現在まで、
何度か気合を入れてダイエットをしましたが、
1年以内に5kg以上の変動があったダイエットは経験がないです。

ですが、現在は、食事制限をするよりも、
運動を重点的に行うようにしています。

一気に短期間で痩せようと思っても、
きれいに痩せて、それが維持されるとは思えないので、

長期間で日々の意識を変えることが大切だと思います。

ただ、ある程度は期間を決めて、ダラダラはやらず、
目標体型を具体的に決めておくと、頑張りやすいはずです。

・夏までに痩せて、雑誌に載っている水着を着る!
・今履けないジーンズを履けるようにする!

等、より具体的で、
結果が出るのが楽しみになるような目標がいいと思います。
服を着れるようになるのは、よりわかりやすくてモチベーションも変わるはずです。

ダイエットで大切なのは、無理をしないこと。
そして、痩せてからの楽しみをイメージし、自分に自信をもつこと。

私はそう考えます。
我慢してばかりでは、やはり楽しくなくなってしまいますからね。
無理をせず、時には自分に厳しく、
ダイエットを楽しいものにできたらな、と思っています。