不要品回収の料金は本当に明確なのか?

今回は自分が不要品回収をめぐっての釈然としない想いをした体験ついてお話しようと思います。
ゴミは自分が住んでいる街のゴミ回収に出す、これが原則です。でも粗大ゴミと云われる一定以上の大きいものは自費で回収業者さんに依頼することになります。
恐らくこの原則は一部の街の例外を除いて全国共通のことかと思います。
最近、自分にも粗大ゴミを処分しなくてはならない状況が起こりました。
そこで自分の住む市内まで来てもらえる回収業者をネットで検索し、幾つかの業者をリストアップしました。
どこに頼もうか検討する為、業者のサイトを見ていますと、「おまかせパック」とか「トラック積み放題」とかといった文言がが目にとまりました。
簡単にいうと規定量内での定額回収のことです。
私はその中の回収業者のひとつに連絡し、パッケージ回収の内容について確認し、本当に料金オーバー無しでできるのか?を聴いてみました。
しかし、当方から回収してもらいたい品物や点数、大凡の大きさを伝えても、結局は現地を訪ねてからでないとはっきりしないと言うばかりでした。
もうこの時点でWEBサイトでの謳い文句と違っているのです。
あやふやな答えに自分は依頼をするか迷いましたが、来てもらってから、断っても料金は出ないということだったので取り敢えず来てもらうことにしました。
実際に来てもらい、回収品を見せたところ、案の定、訪れた業者の回収担当の人は色々理由をつけ、回収代を少しでもつり上げようとしてきました。
そこで自分はWEBサイトの料金説明を見たことや来てもらう前にゴミの大きさや数などを伝え、電話で打ち合わせ、その上で来てもらったこと、
当方が納得出来なければ回収を断っても違約金等は発生しないと言われたことを主張すると、渋々値段の上積みなしで回収してくれはしました。
このような、電話での話と実際の回収担当の言うことが違うといったことはその時に限ったことではなく、自分がこれまで利用した2度、3度の経験でも必ず
起きたことだったのです。
何故このようなことになるのかは私には判りませんし、回収業者全てがこんな訳では無いとは思いますが、何年経っても同じことが起こっているこの事実には
何らかの原因があるのだと思います。参考:粗大ゴミ回収練馬区※不用品をかたずける前に知っておくべき事とは?!

なかなか続かない…。ダイエットで重要なのは楽しみをつくること!

私が初めてしっかりダイエットをしようと思ったのは、
高校3年生の頃でした。
やはりそろそろ美容を意識しだす年頃ということと、
また当時彼氏にフラれて、その悔しさも大きなきっかけになっていたと思います。

具体的なダイエット方法はというと、
お昼のお弁当はカップスープとサラダにしてみたり、
当時流行っていた朝バナナ夜キャベツ生活だったり…。

とにかく食事制限を気にしていたような気がします。

運動は、学生時代、運動部ではなかったので、登下校の自転車は唯一の運動だったと思います。
ネットで痩せる漕ぎ方を調べて少しでも痩せることを信じて、実行していました。
(ギアは軽くし回転数を上げる、つま先に力を入れて漕ぐ、等)

結果は1ヵ月で2~3kg位…。
そして、油断をしたら1週間ほどであっという間に元通りになりました。
完全に短期間リバウンドでした。

痩せるのにはすごく努力をしたつもりでも、
ご褒美を与えすぎると、戻るのは本当にあっという間で、びっくりしますよね。

失敗してしまう原因としては、

・すぐに結果を出したい為に、食事制限をしてカロリーだけを気にしてしまうこと
・カロリーの高いものには手を出さない代わりに、お菓子やジュース、
少しだけのつもりの間食が積み重なってしまったこと
・ゼロカロリーの言葉に惹かれて、栄養・タンパク質を減らしてしまったこと
・自転車を漕ぐことで運動したつもりになって、筋トレや他の筋肉を使う運動をしなかったこと

以上のような一つ一つの積み重ねが原因になっていったのだと思います。

何より、知識不足でした。
実際、食事制限をすると貧血気味になったり、うまく脳が働かなかったり…。

良くないことばかりでした。

それから、現在まで、
何度か気合を入れてダイエットをしましたが、
1年以内に5kg以上の変動があったダイエットは経験がないです。

ですが、現在は、食事制限をするよりも、
運動を重点的に行うようにしています。

一気に短期間で痩せようと思っても、
きれいに痩せて、それが維持されるとは思えないので、

長期間で日々の意識を変えることが大切だと思います。

ただ、ある程度は期間を決めて、ダラダラはやらず、
目標体型を具体的に決めておくと、頑張りやすいはずです。

・夏までに痩せて、雑誌に載っている水着を着る!
・今履けないジーンズを履けるようにする!

等、より具体的で、
結果が出るのが楽しみになるような目標がいいと思います。
服を着れるようになるのは、よりわかりやすくてモチベーションも変わるはずです。

ダイエットで大切なのは、無理をしないこと。
そして、痩せてからの楽しみをイメージし、自分に自信をもつこと。

私はそう考えます。
我慢してばかりでは、やはり楽しくなくなってしまいますからね。
無理をせず、時には自分に厳しく、
ダイエットを楽しいものにできたらな、と思っています。